沖縄へ

2006年11月14日 | 0comments | 0trackbacks

京都センチュリーホテルを退社して、沖縄の万座ビーチホテルに一年の嘱託契約で働かせていただきました。めちゃくちゃ忙しいホテルでした。今思えば、よく続いたと思います。そこでも、多くの事を学びました。
開業間もない時期でもあり、スタッフの殆んどが若い、経験の少ない人たちでした。当時私が所属していたレストランのマネージャーで比嘉さんという方がいらっしゃいました。
比嘉マネージャーにも沢山のことを学びましたが、一番は、準備の大切さでした。

朝食・昼食・夕食のすべての時間帯で、ウェイティングが毎日かかるような状態でしたので、事前準備を完璧にしておかなければならなかったのですが、毎日行われる深夜の反省会での反省点を踏まえ、翌日の準備や対処法を決め、毎日のように準備方法やオペレーションを変更していました。

高卒の若いスタッフたちが、笑顔いっぱいでよくついてきてくれていたと思います。待たされたお客様はストレスを感じておられ、スタッフにとって非常に応対しにくい状態です。その中で、毎日のようにオペレーションが変更されるわけですから、スタッフは想像以上に大変です。その中で、お客様に対する笑顔を絶やすことなく、精一杯サービスに努めている彼らを見ていて、サービスにもっとも大切なのは、技術や経験ではなく心と意識の持ちようだと感じました。彼らは働くこと、お客様にサービスすることを楽しんでいました。

沢山のお客様が来られ、忙しくなることを喜んでいました。
一日の終了時に達成感を感じているように思えました。

主任クラス以上の役職者の仕事は、スタッフが働きやすい環境を作ることでした。その為、深夜の反省会が行われ、私の残業時間は一ヶ月180時間を越えていました。それでも、ゴルフもしたし、沖縄観光も少し出来ました。どうやって時間を作っていたのかなあと思いますね。沖縄での話をしだすと切がなくなるのでいけませんね。また折に触れ、お話したいと思います。

Trackback URL

http://e-aun.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/44

コメントする



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.