開業準備の思い出~その六~

2007年02月01日 | 0comments | 0trackbacks

ホテルの開業には沢山の経験者が、様々なホテルからやってきます。だからオペレーションやかんがえかたも様々で・・・。
大変でした。

私は大阪全日空ホテルに長くいましたし、そのときに経験したことの誇りも持っていました。
そこで使っていた婚礼の“イベントオーダー(受書)”を基本にしたものをリッツでも採用するつもりでいました。
実際、開業当初の婚礼のお客様との打ち合わせもそれに記入していました。
ところが、宴会サービスや調理の人たちは、全日空から来ている人たちではなかったので、そのイベントオーダーになれていなかったため、そのイベントオーダーではどうしても出来ないといってきました。
開業準備では、私たちのような予約部門の方が早く仕事に入っているため、予約部門にイベントオーダーなどは任されているのですが、「できない」といわれると、最終的に迷惑は必ずお客様にかかってくることになるので、当初のイベントオーダーを変更することにしました。何より、自分のスタッフの力を信じていました。開業二ヶ月前くらいのことだったと思います。
現場スタッフ出身のホテルのイベントオーダーそのままをコピーして使いました。どっち道元に戻すつもりでいましたから、新たに作るよりらくだと思ったからです。
私が鼓も書く説明しなかったのがいけなかったのですが、私のところのスタッフからは大ブーイングでした。そりゃそうです。余計な作業が増えるし、後から来た人たちが合わせるのが本来の筋だからです。
もちろん、私たちの意見を通すことはできたのです。
でも、彼らが、イベントオーダーを見慣れていなかったがために、何かを見落としたとしたら、お客様に迷惑がかかってしまいます。
私は、私のところのスタッフの能力の方が、数段上だと思っていましたから折れたのですが、「うちのボスは弱すぎる!」って、言われてしまいました。
実際それもあったかもしれませんが・・・。
半年後には、自分たちのイベントオーダーに戻っていました。慣れれば、見やすいはずだと思っていましたから・・・。

Trackback URL

http://e-aun.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/68

コメントする



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.