大人がだらしない。

2007年05月29日 | 0comments | 0trackbacks

今日東京からの帰り、新幹線に乗せていただきました。
19時50分発ののぞみ75号でしたので、出張帰りのサラリーマンの方が多く乗っていました。

私の乗った列にそこそこ年配のサラリーマンが二人乗っていました。
ビールや酎ハイを3~4本づつ飲んで、出来上がっていました。
携帯で大きな声で話したり、結構迷惑客でした。
名古屋で降りたのですが、座席前の網ポケットに飲んだビールなどの缶を置いたまま、
座席下には食べかすを落としたまま。
次に名古屋から乗ってくる人が気の毒な感じでした。
私の隣に座っていた方は、携帯電話をマナーモードにせず鳴らしっぱなし、
降りられるときには読み終わった新聞を座席に放ったまま。
「大人のマナー」なんていわれていますが、マナーというより常識ってレベルの問題です。
こんな大人が子供に何が教えられるのでしょう。
子供犯罪は起こるべくして起こっている。
そんな気がしました。
「子供は社会を映す鏡」そう誰かがおっしゃってましたが、
まさにそのとおり。
私たち大人が、本当に襟を正さなければならないなぁ、と痛感しました。
教育制度や日教組や教師の所為にしてきましたが、
違うなと思います。
大人たちみんなの連帯責任。
そんなことを考えながら京都まで帰ってきました。

Trackback URL

http://e-aun.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/101

コメントする



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.