リッツ東京をみて(その2)

2007年08月06日 | 0comments | 0trackbacks

エスコートゲスト。
リッツのサービスを象徴するもののひとつです。

フロント前でスタッフの女性にトイレの場所を訊きました。
当然エスコートしてくれるものと期待して・・・。

「そちらの通路の右手にございます」

笑顔で彼女はそう言って指差しました。
ハードもサービスも私の知っているリッツではありませんでした。

リッツのコンセプトが変更になったのなら、仕方ないことだと思うのですが、
総支配人のリコさんの本にはエスコートゲストについて書かれていました。

サービスがぎこちなくおぼつかないのは、
開業間もないホテルではよくあることで、時間が解決してくれるものです。

でも、サービス精神は開業当初から表現されているべきものです。

それができないならサービススタッフとしてお客様の前に出てはいけない、
それがリッツカールトンではなかったのでしょうか?

残念でなりません。

Trackback URL

http://e-aun.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/114

コメントする



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.