お客様目線ということ~その4

2007年10月02日 | 0comments | 0trackbacks

前回まで、お客様のニーズについて考えましたが、
「お客様目線」を考える上で大切なキーワードがあります。

それは・・・・

「パラダイム」という言葉です。

フランクリン・コーヴィー博士の「七つの習慣」を読んだ人は分かると思いますが、
「パラダイム」とは、“心のめがね”のことです。

“心のめがね”といわれても、余計にわからないという人もいるでしょう。

でも、イメージしてみてください。
めがねというものは、それを通して世の中を見る道具のひとつですよね。

つまり、人が世の中の出来事を見たり、感じたり、思ったりするときに、
その人特有の“めがね”を通しているということなのです。

そのめがねは、その人それぞれの生き方や考え方によって、
その人しか持っていない独特のものなのです。

日本にも「十人十色」って言葉があるでしょう。
好みや感じ方、趣味や味の好みなど、
一人ひとりみんな違っているということです。

これを感性と呼ぶのですが、
この感性のことを「パラダイム」というのです。

お客様目線を考える上で、
とても重要な言葉なので、憶えておいてください。

Trackback URL

http://e-aun.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/126

コメントする



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.