笑顔について

2008年05月08日 | 0comments | 0trackbacks

笑顔はサービス業で働く人にとって当たり前に出来ていなきゃならないこと。

なんだけれども、なかなかうまくできないのが笑顔。
表情だから仕方の無いことなのかも。
だって、表情というのは、感情が表に表れる、って意味だから、
自分の心の中が顔に出ているわけです。

本当にこの人に会えてうれしいとか、来ていただいてありがとう、
等といった感情が心になければ、顔になんて出せるわけ無い。

本当にそう思わなければ、本当の笑顔でお迎えなんてできっこないんです。

サービス業で働くってことは、
人にサービスをすることで自分が喜ぶことが出来るって事なんじゃないかなぁ。

これってある意味才能なのかもしれませんね。
誰にでもできることではないと思うから。

別に人を喜ばせたくてサービス業で働いているわけじゃない。
そんな人もたくさんいるでしょう。
特にアルバイトやパートなどの人の中には、それほど深く考えていない人もいるでしょう。

でも、お客様にはそんなこと関係なくて、
お客様は喜びたくて、寛ぎたくて利用するわけですから、
喜ばせることができなかったとしても、
せめて心地よく利用していただきたい、くらいの気持ちは持っていなきゃね。

そのために笑顔ってやつは本当に必要なわけで、
だから、心の底から心地よく利用してもらいたいとおもっていると、
それなり笑顔になっているはずで、
訓練・練習によって磨きをかけることができるわけです。

逆にそう思えない人は、サービス業で働くべきでは無いとさえおもっています。

なぜなら、お客様が笑顔でいてくだされば、スタッフも笑顔が作りやすいわけだし、
他のスタッフがお客様を笑顔にするか不快にさせるかによって、
自分のサービスのしやすさに大きく影響を及ぼすことになるから、
笑顔を作れない、作る努力もしない人は、
お客様にとってはもちろんのこと、同僚や一緒に働いている人にとっても、
いて欲しくない人ってことになるからです。

たった一人の、笑顔のない人の所為で、
そこで働くスタッフ全員のサービスが悪いことになってしまうのですから。

だって、初めてそのお店にやってきた人が、
たまたま運悪く、笑顔の無いスタッフに出会ったとしたら、
「何だこの店!」って思って二度と来ないことになってしまうじゃないですか
他のスタッフ全員が、すばらしいい笑顔の持ち主であったとしても。

笑顔を作る練習。
とっても大切ですが、
お客様に心地よく利用していただきたいと思う心を持つ練習の方が、
大切且つ必要なことなのではないかと思うのです。

Trackback URL

http://e-aun.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/165

コメントする



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.