一期一会

2009年07月25日 | 0comments | 0trackbacks

日頃から研修や勉強会の席で「一期一会」という言葉を使います。

茶道で言う「一期一会」と解釈が異なっていても、
自分なりの解釈で仕事やコミュニケーションに取り入れることができていれば、
理解していても実践できない人よりずっといいと思ってきました。

その考えに間違いがあるとは思っていませんが、
私自身の「一期一会」に対する姿勢は少し間違っていて様な気がしていて、
先日来、「一期一会」を見直そうと思って、少し勉強しています。

というもの、一期一会が茶道においてどのように教えられているのかを、
自分自身で勉強したことがなかったからです。

「一期一会」がどういう精神で、自分の仕事にどのように活かしていけるのか、
ということについてだけ理解していただけだったことに今頃気づきました。

「一期一会」の意味や深さを少しずつ知るうちに、
もっと深い理解をした上で活かしていくことの意義を感じています。

随分前に、大阪でパネルディスカッションに参加させていただいた折に、
塩月弥栄子先生がおみえになっていて、
終了後に「あなた、一期一会の理解が薄いよ」といわれたことがありました。

そのときは正直 “茶道とは違うから”と心で思っていました。
(塩月先生、今頃気づきました。ありがとうございました。)

これから勉強していくことをこのブログでも紹介してみたいと思います。


Trackback URL

http://e-aun.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/186

コメントする



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.