「7つの習慣」から「信頼残高」について-5-

2011年07月13日 |

コヴィー博士による預け入れ・引き下ろしの二つ目は「約束を守ること」です。

第二の方法:約束を守ること
      人は約束を交わす時に、約束の相手が必ず守ってくれるだろうと思っています。
      そうでなければ約束なんてしませんから。
      約束をする相手が“守らないだろう”と思っていたら、誰だって約束を交わしたりしません。
      「信頼残高(感情の貯金口座)」を増やすには、守れない約束はしないことです。
      約束はできるだけ慎重に、控えめに考えた上で交わすのがいいでしょう。
      約束を守ることにかけては100%誠実であること。
      それによって大口の「信頼残高(感情の貯金口座)」を作ることができます。
      しかし、忘れないで下さい、約束を破れば大きな引き下ろしになってしまいますから。
とはいえ、人間うっかりすることもあります。そこで、約束をした時点でそれをメモする習慣をつけてみてはどうでしょう。メモすることで、自分がなにを約束したのかを常に意識することができます。様々な企業やお店が、「お待たせしません」「笑顔のサービス」「どこよりも安く」などのスローガンをお客様に伝えています。これは言い換えればその企業やお店からお客様への約束です。だから完全に守れないとしても、そのすべてを守ろうと努力することは本当に大切なことなのです。
あなたの所属する組織にはどんな約束がありますか。



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.