「7つの習慣」から「信頼残高」について-7-

2011年07月16日 |

コヴィー博士による預け入れ・引き下ろしの四つ目は「期待に応える」です。

第四の方法: 期待を設定し、その期待に応えたり(預け入れ)、破ったりする(引き下ろし)事。
       自分にどんな期待がかけられているのかを知ることはとても重要なこと。
       さらに、その期待に懸命に応えようと努力することはもっと重要なこと。
       そして、その期待に応えることができればとてもすばらしいこと。
新しい仕事や新しい人間関係など、何か新しい努力を始める場合、何が期待されているのかを具体的にして、目の前に並べてみると見えてくるものがあります。自分が何に対して努力をすればいいのかということです。友人などとの関係や仕事上の関係などでは、様々な期待があなたにかけられています。友人からは「約束したことは守ってくれるはず・・」、お客様からは「わかりやすくちゃんと説明してくれるはず・・」「笑顔で感じよく接してくれるはず・・」、上司からは「頼んだ仕事、ちゃんと期日までに仕上げてくれるはず・・」、後輩からは「先輩として頼りがいのある仕事ぶりを見せてくれるはず・・」などなど。
特にお客様の期待に応えることは、あなた自身に対する信頼を貯金することと同時に、あなたの働く施設に対するお客様の信頼を貯金することにつながっているのです。お客様にとって施設は一つの人格を持った存在であり、あなたはその代表ということなのです。



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.