学園祭

2011年10月11日 |

昨日、私が講師をさせていただいている『花園国際美容学院(東大阪)』の学園祭が開催されました。

私は“いい加減講師”なので、これまで6年間教鞭をとらせていただいていますが、
一度しか学園祭を観に行ったことがありませんでした。
前日に、事務長さんからお誘いの電話をいただかなければ、今年も失礼していました。

参加してみると、何事にも一所懸命に取り組めていた頃の記憶が蘇ってきて、
新鮮な気持ちになることができました。

学院生たちの成長も目を見張るものがあり、教育の凄さを改めて感じていました。

毎年、ウィッグを使い決められたテーマを表現する作品が展示されるのです。
私は、学園祭当日ではなく、学院に学園祭後に展示されているものを見ているだけでしたが、
これまでに全ての作品を見てきました。

昨日、今年の学院生たちの作品を見て感じたのですが、
これまでのものも含めて、同じものが一つも無いのです。
当たり前といえば当たり前なのですが、
人間の発想力というか想像力という、人の脳の能力の素晴らしさを改めて実感していました。

一人ひとり、素晴らしい感性を持っていて、教育によってそれを表現するすべを知ることで、
こんなに素晴らしい創造物が出来上がる。

彼らは社会に出れば、自分の持っている想像力を充分に発揮できるフィールドを得ることは
難しいと思うのですが、思い切り表現できる時間を得られていることは、
それだけで貴重なことだなと感じていました。

何よりも、一人ひとりが輝いていたし、学院生自身が楽しんでいるなと感じられたことがよかった。

社会に出て仕事をしていく上で、仕事をしている時間を自分自身が楽しめる事が
周りの人たち、同僚やお客様にとっても一番素晴らしいことだと思うのです。

本当に楽しい時間をありがとうございました。

学院生の皆も、指導に当られた先生方もお疲れ様でした。

(私はいつも何の協力もしなくてすみません。)




HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.