資質

2011年11月25日 |

政治家の資質、経営者の資質、教育者の資質、監督の資質、・・・。

組織や人の上に立つ者には、そのリーダーとしての資質が求められるものです。
求められる資質、必要とされる資質はいろいろ賛否両論分かれるところでしょうけれど、
やっぱり“魅力”なのでしょう。
リーダーなどといっても、付いてくる人がいなければリーディングはできませんから、
お金であれ、能力であれ、地位であれ、何か人を惹きつけるものを持っていることが絶対条件でしょう。
それらはつまり、その人について行って何らかのメリットのあること、ということでしょう。
メリットというとなにやら得をすることのように聞こえがちですが、必ずしもそうではなくて、例えば、その人といるだけで幸せだと思えるとか、その人と話しているだけで勇気が湧くとかいう事でもいいのでしょう。
付いていく者にとってプラスになるものがあれば、付いていく価値があるのですから。
今現在、何らかの組織やグループでリーディングする立場にいる人、
あなたの魅力は何ですか?

資質といえば、ウェディングプランナーの皆さん、
ウェディングプランナーに求められる資質について考えてみたことありますか。
誰から求められる資質かって?
そうですよね。求める人によって、求められる資質は違ってきます。
もちろん、お客様が求める資質です(会社や上司が求める資質ではありませんよ)。
プランナーという肩書きですから、プランニング能力は絶対でしょう。
コーディネイターなんて肩書きの人もいますから、コーディネイト能力も重要です。
他には、第一印象、安心感、信頼感、感じがいいかどうか。
お客様は最初は、初めてあなたに会うわけですから(当たり前ですが)、
フィーリングが合いそうかどうか。感じがいいかどうか。
この辺りが先ず重要なポイントです。
あなたは感じいいですか。見た目や話し方の印象を良くすることに重点置いていますか。
自分に似合っているかどうかが判断基準ではなく、感じよく印象付けられるかどうか。
フィーリングが合いそうかどうか、コミュニケーションをうまくとることに重点を置いていますか。
自分のところの施設やサービスを説明して理解してもらうことに重点が置かれていませんか。
フィーリングが合うかどうか。そんなことはある程度付き合ってみないと本当のことはわかりませんけれど、お客様のことを知って、その人に合うウェディングを考えようとしていることがお客様に伝われば信頼を感じていただけるはずです。
そういう努力をしなくてもお客様があなたの勤めている施設に決めてくださっているとすれば、それはあなたの魅力ではなくて、施設のハード的な魅力で決めているだけのこと。つまりは、別にあなたでなくてもいい、ということになってしまうわけです。
そこにはあなたの存在価値はありませんし、お客様の本当の満足もありません。
だって、施設などハードはお客様に満足してもらうための努力などしないのですから。
お客様の本当の満足は、ウェディングプランナーであるあなたとのコミュニケーションの中にあるのです。
だから、あなたが本当に磨かなければならないのは、
コミュニケーション能力なのではないですか?
あなた、コミュニケーションうまいですか?



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.