新大関誕生

2011年12月01日 |

稀勢の里が大関に昇進しました。

先場所の琴奨菊に続いて嬉しい限りです。

25歳の大関です。
とびきり若いというわけではありませんが、まだまだ上が狙える年齢であることは間違いありません。

1998年に若乃花が昇進してから日本人の横綱は生まれていないそうです。
別に、横綱は日本人でナイト・・・などとは全く思っていませんが、
国技である大相撲の最高位に13年以上も日本人が昇進できていないというのは
やはり寂しい感じがしますし、それこそ稀勢の里が横綱なんていうことになれば、
この上ない幸せではあります。

ただ、九州場所の様子を見ていても、やはり、今最も横綱に近いのは把瑠都だと思います。
個人的には琴欧州に頑張ってほしいと思っているのですけれど。

でも、グルジアやルーマニアなどの遠い国から一人出てきて、
殆んど仲間もいない状態で頑張っているのですから、
気弱になる時や精神的に苦しい時も、他の力士に比べて多いだろうと思います。

その中でやっぱりよく頑張ってるなあというのが正直な印象ではあります。

九州場所の表彰式のインタビューで白鵬も言ってましたが、
そろそろ、もう一人横綱がほしいなあ。



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.