怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか

2012年02月29日 |

新潮新書刊 黒川伊保子さん著

少し前、明石家さんまさんの番組「ホンマでっか!?」の特番に表題の本の著者、黒川伊保子さんが出演されていました。
その番組の中で黒川さんのプロフィール紹介がされていて、「ハッ」としました。
というのは、予てから日本語の持っている『語感』に興味があって、
以前にもこのカテゴリーで紹介した『語感トレーニング 中村明先生著 岩波新書刊』等の本を読み漁っていたと頃だったので、言葉の持つ意味ではなく、語の持つ音感とでも言うべき“語感”を研究されているという黒川さんのプロフィールに触れてビリッときたのです。

自分の気持ちや伝えたい内容を正確に相手に伝えるために言葉を使うわけですが、
どの言葉を使うのか、どんな言葉を使うのかということは、とても重要且つ難しいことなのです。

サービスの現場においても、本当はとても慎重に選ばれた言葉を使わなければならないと思うのですが、これが案外頓着されていないのが現状です。

そんな中、本当に貴重な本だと思います。



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.