「お客様が望むサービス」-8-

2012年05月27日 |

職場などで定期的に行われている健康診断などで
コレステロールや血糖の値に悪化傾向がでてお医者様から注意を促されたとしたらあなたはどうしますか?

健康に留意している人なら、食事や運動などお医者様の意見を聞いて努力するでしょう。
何よりも自分自身のためですから。

アンケートやお客様との対話を通して得た情報に興味を持っているとすれば、
改善に向けて努力をしなければなりません。
その努力がお客様の望むサービスにつながっていくのです。

「お客様の望むサービス」というと「お客様のためにすること」というイメージがあると思います。
もちろん、お客様は自分のお金と時間と労力をかけてこられているわけですから、
自分が望むサービスをしてほしいと思っているでしょうし、
自分の思っている以上のサービスを期待されているかもしれません。
でも、お客様が自分が楽しく過ごすためにアンケートや会話の中で話されることは、
私たちにとって非常に貴重なものです。
お客様は心地よさを感じられなければ、それを感じさせてくれるところへ行くことができます。
でも、私たちはそんなわけにはいきません。
お客様は、本人が認識しているかどうかは別として
「私たちのために話してくださっている」ということになるのです。

ここで確認しておかなければならないことがあります。
お客様の望むサービスには段階があるということです。
お客様が敢えて口に出さないレベルから、個別のニーズとして望むレベルまで様々です。
けれども、絶対にできていなければならないのは、
お客様が敢えて口に出されないレベルの望みをクリアーしておくということです。
その上にしか次のレベルの望みは重ねられないということなのです。
では敢えて口に出さないレベルの望みをどのようにして知るのか?ですよね。



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.