「良質と上質」

2012年06月17日 |

高級なホテルやレストラン、会員制クラブ、マンションやニュータウンなどの
パンフレットやポスター、広告宣伝物などで“上質”という言葉がをよく見かけます。

“上質なサービスがあなたをお待ちしています”とか、
“上質な空間で過ごす至福の時・・”といったようなコピーを目にしたことがあるでしょう。

この“上質”という言葉、意味はなんとなくわかると思うのです。

“上質”を英語ではSuperior「優れた、目上の」と訳します。
つまり、上質 = Superior Quality という表現になります。

「質」のいいこと、質が優れていること。

「質」がいいというと「良質」という言葉が思い浮かぶのですが、
この「良質」と「上質」の違いってどこにあるのでしょうか?

因みに、良質 = Good Quality という表現になるので、やっぱりニュアンスが違うようです。

「良質」は質がいいことで、「上質」は質が優れていること。
「上質」は「良質」より更に質がいいこと?

まだ、ちょっとわかりにくい。

あなたが感じる「上質」ってどんなものですか?
あなたは「上質」と「良質」の違いを話せなくても、自分の中で使い分けることはできますか?



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.