「らしさ」って

2012年09月02日 |

先日、駅の待合所で電車を待っている間涼んでいました。

結構人の出入りがあって、なかなか待合所の中が涼しくならない状態だったのです。
で、入口のほうを眺めていて気づいたことがありました。

出入り口は自動扉でなく、開けた手でちゃんと閉めなければしまらない引き戸で、
いい加減に力強く“ドン”とやると、反動で余計に開いてしまうようなものでした。

観ていると、男性は殆んどの人がちゃんと閉まるのを確認しているのに対して、
これまた殆んどの女性は確認どころか、閉める行為すらしない人が多かったのです。

私は、陣取っていたところが扉の近くだったので、都度閉めにまわることになってしまいました。
一般的には、男性の方が粗野で、“ドン”とやっていそうな印象ですが、
どうしてどうして、女性の方が元気がいいというか。

そんなことを思っていると、またふと気づいたことがありました。

電車の中や駅のホームでパンやお菓子などを一人でぱくついているのも、女性が多いということです。

最近、電車の中やホームで化粧をしている若い女性を多く見かけるようになりました。
(化粧は他人に見えないところでするものと思っているほうが古いのかも知れませんが・・。)
化粧ができるくらいだから、パンやお菓子を食べるくらいどうってことないのでしょうか。

私などは電車の社内で何かをほお張るほど食べるのは、旅行に行く特急列車の中くらいだと思っているので、少し驚いているのですが。

これなどの事象も、長年にわたって“女性の地位向上”を詠ってきた運動の成果なのでしょうか。
男は男らしく、女は女らしく。そんな教育がいけないとは全く思いません。
女性蔑視や、女性軽視には全く反対です。

ですが、それぞれ“らしくする”ことを教えることは重要なことのように思うのですが。



HOME | あうんについて | 事業案内 | 実績 | 会社概要 | 社員紹介 | BLOG | LINE UP TOPICS
we create heartful communication
COPYRIGHT©2006. 有限会社 阿呍. ALL RIGHTS RESERVED.